資本金 事例

剰余金の資本組入れ

X社は株主総会で剰余金(その他利益剰余金)を資本に組入れる決議を行いました。資本金の額に変更が生じると登記申請が必要になります。X社の依頼で,資本金の額を増加させる登記申請を行いました。

剰余金の額を減少させて資本金の額を増加させることができますが,この場合,株主総会において,①減少する剰余金の額と②資本金の額の増加がその効力を生ずる日を決議しなければなりません。

資本金の額の減少(欠損填補)

利益剰余金がマイナスとなっている財務体質を改善するため,資本金,利益準備金及び別途積立金の額を減少させる決議を行い,資本金の額の減少登記を申請しました。

*損失補填とするためには,資本金の額の減少決議と減資の効力発生を条件として剰余金の処分決議が必要です。