債務整理

自己破産するしかないと思われていても,収入や借入先,生活状況などに応じて,任意整理や個人再生など選択肢があり,ご相談者の方にとって最良の方法をア ドバイスします。また,完済している債務で借入先によっては過払金として払い過ぎた利息を請求できる場合もありますので,まずはご相談ください。
正式に債務整理を委任されると当事務所から債権者宛に受任通知を行い,それにより債権者からの督促などの請求が止まります。 この間に家計収支の確認を行い,下記の手続きをご相談者の方と一緒に検討していきます。

任意整理

裁判所の関与なしに私的に債権者と和解交渉していく手続きで,司法書士が代理人となり,月々の返済額の減少や長期返済にするなどの交渉を債権者と行います。
自己破産しなくても任意整理で解決できる場合もよくあります。

さらに詳しく

取扱事例

個人再生

裁判所に対して,弁済計画を作成して申立が必要で,厳格な手続きと実行が必要ですが,債務は大幅な圧縮が可能です。また,一定の要件を満たせば住宅ローン以外の債務を大幅に減額したうえマイホームを残すことが可能です。
なお,破産者になるわけではありませんので,自己破産のような資格制限はありません。

取扱事例

自己破産

自己破産は,裁判所にその申立をし,債務者の全ての財産と引き換えにその債務を弁済し借金をゼロにする手続きです。職種によっては資格制限を受ける場合も ありますが,免責決定を受ければ,資格制限はなくなります。破産後の収入は自由に使うことができますので,生活再建には最も有用な手続きです。

取扱事例

過払金返還請求

長年高い金利を払われていた場合,利息制限法による利息の引き直しを行うことによって払いすぎていた利息を請求できます。 既に完済されている場合も過払金の請求ができます。ただし,取引終了(完済)後10年で消滅時効となりますので,過払金返還請求を検討されている方はお早 めにご相談ください。
なお,過払金返還請求をしてもいわゆるブラックリストに載る心配はありません。

さらに詳しく

取扱事例