債権差押 事例

立退補償金債権仮差押

Xさんはアパートを経営し,入居者のYさん及びZさんが数箇月分家賃を滞納していました。そのアパートが道路拡張のため取り壊されることになり,入居者に対して立退補償金が支払われることになりました。そこで,Xさんはこの機会に家賃を回収したいとのことでしたので,訴訟を準備しつつ,YさんZさんが有する立退補償金債権に対して仮差押の申立を行いました。

結果,訴訟まで至らずに仮差押がされて直ぐにYさん及びZさんから滞納家賃を支払われ,回収することができました。

給与債権差押

XさんはYさんに対して40万円の貸金がありましたが,Yさんが一向に返済してくれないため訴訟提起し,判決を得て,Yさんの給与を差押さえました。

給与全額を差押さえることはできませんが,これにより直ぐに全額返済してもらいました。

銀行預金債権差押

XさんはY社対して28万円の判決による債務名義を得ていましたので,Y社の銀行預金の差押え申立を行いました。
しかし,銀行預金も残高が数千円しかなく全額回収はできませんでした。

銀行預金を差押さえる場合は,口座のある銀行名及び支店の情報が必要です。