貸金返還請求 事例

内容証明郵便で請求

Xさんは知人Yに頼まれ30万円を貸していましたが,金銭消費貸借契約も念書や覚書も作成していませんでした。Yに返して欲しいと言っても,「もうちょっと待って」と繰り返すばかりで一向に返してくれません。そこで,なんとか返してもらいたいとXさんが相談に来られましたので,取りあえず内容証明郵便で請求してYの出方をみることにしました。すると思いがけず,内容証明郵便が到達して数日後に全額返金してきました。

本件のように内容証明郵便を送付するだけで返してくれる場合もあり,後々の証拠ともなり,有効な手段の一つです。