不動産明渡請求 事例

土地建物明渡請求訴訟

土地及び建物を貸していたXさんは,賃料を払わなくなったYに対し,賃料不払いを理由に契約の解除と賃料請求を内容証明郵便で通知していました。しかし,賃料は支払わないまま土地等を使用し続けているため,明渡請求の訴訟を提起したいと相談に来られました。
本件は地裁案件で司法書士の代理権の範囲を超えるものでしたので,訴状作成でXさんの本人訴訟を支援しました。

訴訟提起し,1回目の期日にYから答弁書が出され,Yも出席していましたが,答弁書記載の事実を証する証拠の提出がなく,Yの主張は認められず,1回で結審し,1箇月後にXさんの全ての主張が認められた勝訴判決を仮執行宣言付で得ました。これをもとに直ぐに明渡の強制執行を申立てました。

放置自動車撤去

時間貸し駐車場を経営されているX社から,駐車場に放置されている自動車が3台あり,撤去するにはどうしたらいいかとの相談を受けました。

放置自動車に対して実力行使はできませんので,駐車場明渡請求訴訟を行うことにし,その準備のため,各自動車の所有者の確認を行い,訴訟前に各所有者に対して内容証明郵便にて駐車料金及び駐車場明渡しの請求を行ったところ,訴訟に至らずに解決しました。

建物明渡訴訟及び強制執行

ワンルームマンションの賃借人が賃料を支払わないため,賃料滞納により賃貸借契約を解除し,建物明渡請求の訴訟を提起しました。

賃借人は答弁書も提出せず不出頭のため勝訴判決を得ました。が,その後も任意に明渡しに応じないため,建物明渡の民事執行を申立て,強制執行しました。

相談から解決(執行)まで約4箇月を要しました。